innovation
創新と発展
Innovative R&D
創新研究開発

Mobitechは「科学技術駆動発展」の理念を持っており、専門の集中の精神、効率的で実務的な作風で、独自の研究開発を堅持しておりまs。研究開発センターを所有しています、副R&Dセンターと2つの技術代表部があり、新技術研究開発、新製品開発、プロジェクト管理、試験センターを含む研究開発センター全体に150名以上の技術者が在籍しており、副R&Dセンターには主に技術代表部が含まれており、取引先のニーズに即応したアプリケーションを提供しています。


Mobitechは完全な独自の知的財産権の開発の流れを確立して、その上に仮想的な開発シミュレーションを実現しました、データセンターを介して、すべての技術情報を調達ロジスティクスと製造にリアルタイムで共有します、開発関連の知能化を実現するために、毓恬冠佳は、顧客の異なるニーズに対応して、适応性のデータ交換システムを構筑し、開発プロセスの秘密と効率の要求を保証するために、毓恬冠佳は、世界のサンルーフの発展のトレンドに従って、サンルーフの新しい概念の革新を注目して、顧客に一流のサンルーフ技術方案を提供します。

研究室の名誉資格
実験室の敷地面積:2700㎡;実験設備:66台(セット);テスト能力:サンルーフ実験大綱上の96%の実験項目、環境、機械、製品性能、電子機能テスト能力などの外部委託検査:有毒物質検査、揮発性有機物検査、電磁両立性検査を含む
外部測定:ROHS、VOC、EMC
技術特許
技術創新のトップが企業のコア競争力
Industry Outlook
業界の展望

今後、乗用車市場は構造分化し、従来型セダンの保有規模の拡大が緩やかになり、小型SUVと7人乗りSUVの市場規模が拡大し、乗用車に占めるSUVの販売比率がさらに上昇し、SUVの生産・販売台数は2020年にセダンの生産・販売台数を初めて上回った後、今後数年でピーク時の約70%に達する見込みです。また新エネルギー自動車の急速な発展において、2025年には新エネルギー車の販売台数が自動車販売台数全体の20%を占める見通しです。現在、中国の自動車市場でサンルーフが配置されている車種は75%以上に達していますが、今後5年間でサンルーフが配置されている車種は90%~95%程度に達するとみられます。


新エネルギー自動車市場が徐々に成熟に向かうにつれて、「電動化」、「ネット化」、「スマート化」、「共有化」という「新四化」が新しい未来の趨勢になり始めました。市場に目を向けると、現在、完成車工場であれ、部品メーカーであれ、コネクテッドネットを差別化競争優位を築く重要な足がかりとし、企業発展の堀を構築しています。チェンは一貫して思想を解放して、積極的に技術の変化を受け入れる理念を受け入れて、研究開発への投資を増やして、豊かな製品の群れを開拓して市場をリードします。


Mobitechは、全タイプ、プラットフォーム化、シリーズ化(ただし、自動車のサンルーフを含むが、限定されない)に基づいて、「新四化」の自動車の製品を提供することに基づいて、より良い運転体験をもたらす多くの自動車のユーザーを提供します。

0.088510s